発表会で借りた貸衣装のドレス

子供が初めてのピアノの発表会!子供のピアノの先生は、非常に発表会を重要視している先生でした。

もちろん、ピアノのレッスンは通常の時より数倍厳しくなります。
我が家では、先生に家庭教師でレッスンに来ていただいていたので、ピアノの部屋からの、先生の意気込みがわかりました。
そして、もうひとつは、発表会の衣装は、発表会らしくしてほしいという先生の希望でした。
なんせ、生まれて初めて人さまの前で曲を引くので、私自身も曲のイメージを考えて、衣装を考えていました。
デパートに行ってもなかなか思うようなドレスがなく困っていました。

そんな時、行きつけのブティックの店員さんが、近くに子供の衣装専門の貸衣装屋さんがあることを、教えて下さいました。
子供の服を借りるなんて考えてもいなかった私には、ちょっとばかり敷居が高かったような記憶があります。
勇気(笑)をふりしぼってはいたお店は、とてもきれいな店舗でした。

娘は、4歳でしたがその頃は、背の低い小さな子供でしたから、確か、3歳ぐらいのドレスをお借りしました。
薄いすみれ色のティアードのふわふわドレスでした。
袖はパフスリーブで、お花のようなドレスです。
ついでに靴もお借りしました。
ドレスに合う靴もあるので、お借りした方が経済的ですよね。

特に靴は、このような時はエナメルの靴が正式な感じがします。
エナメルの靴は、あまり通常は履かないので・・・・・。

もうひとつお借りしたのが、アクセサリーです。
確か、チョーカーでした。
ネックレスとも思ったのですが、銀色のアクセサリーは、少し重厚過ぎるような感じがしましたので、小花のついた物にした記憶があります。

貸衣装の良い所は、ドレスを着てすべての物のコーディネートが出来ることです。
失敗することなく色々と決めることが出来ます。

今は、たくさんのこのようなお店がありますが、あの頃は、なかなか子供の衣装はありませんでしたね。
特にドレスが、多く揃ったお店がありませんでしたからね。

お値段は、すべて含めて15,000円ぐらいでした。
2泊3日のお値段です。
これが高いか安いかは、今となってはわかりませんが、娘が衣装をお借りしたのはこれで最後になりました。

その後、何度か発表会がありましたが、デパートで購入しました。
しかし、レンタル衣装はお手頃値段でドレスを着ることができますので、お財布に優しい感じはします。